【スラムダンク】沢北栄治の名言・名セリフランキング20選!「なるがいいさオレのいない日本でな」

   

『スラムダンク』の山王のエース、沢北栄治の名言・名セリフを名言集としてランキングにまとめてみました。
アニメ、原作マンガから引用しています。
ネタバレを含むのでご注意ください。

目次

沢北栄治の名言・名セリフランキング20選

1位:日本一? 日本一のプレイヤーになりたいのか?流川 なるがいいさ オレのいない日本でな 夏が終わったらオレはアメリカだ

なるがいいさオレのいない日本でな

「日本一? 日本一のプレイヤーになりたいのか?流川 なるがいいさ オレのいない日本でな 夏が終わったらオレはアメリカだ」
29巻254話で、沢北が流川に言ったセリフ。日本一の高校生プレイヤー・沢北は、遠征をきっかけにアメリカへバスケ留学をすることを決意します。一方流川は、安西先生から「日本一の高校生になりなさい」と言われていました。沢北のこの言葉は、アメリカ行きを意識する流川に大きな刺激を与えます。」

2位:やられたらやり返しゃいーんすよ ・・・3倍にしてね

やられたらやり返しゃいーんすよ3倍にしてね

「やられたらやり返しゃいーんすよ ・・・3倍にしてね」
29巻253話で、沢北が深津に言ったセリフ。流川・桜木の活躍により、一時は20点あったリードを8点差まで詰められた山王。キャプテンの深津は沢北と河田に、湘北の2人を抑えるよう声をかけます。直前に流川が決めたダンクがプライドにさわった沢北は、深津の言葉にこう答え闘志をあらわにしました。

スポンサーリンク

3位:悪いが君の活躍は今のが最初で最後だ でも恥じることはない 俺に全力を出させたんだから

でも恥じることはない俺に全力を出させたんだから

「悪いが君の活躍は今のが最初で最後だ でも恥じることはない 俺に全力を出させたんだから」
26巻228話で、沢北が流川に言ったセリフ。油断していたことを先輩から指摘された沢北は、気を取り直し流川にこう言いました。しかし会話に夢中でパスを見落としたり、直後にファウルをとられたりして、結局交代することになります。堂本監督は、沢北はまだ「精神的にムラがある」と評価していました。

4位:ピカピカの1年生エースをこのオレからツブしにかかるわけにもいくまい

ピカピカの1年生エースをこのオレからツブしにかかるわけにもいくまい

「何故仕掛けてこねえ そんなにおとなしい奴じゃねえだろうによ スタミナに不安でもあるのか? ピカピカの1年生エースをこのオレからツブしにかかるわけにもいくまい」
29巻252話で、沢北が流川に言ったセリフ。流川はなかなか自分から仕掛けに行かず、長らく無得点が続きました。そんな流川に対し、沢北はうっすらと笑みを浮かべながらこの言葉をかけます。”勝負に来るなら受けてたつ”という意味を匂わせるような発言で、流川を挑発するのでした。

スポンサーリンク

5位:アメリカに行っちまう前によ 神奈川の流川という芽を叩き潰しておかないと

神奈川の流川という芽を叩き潰しておかないと

「行く前に知ってよかったぜ お前みたいな1年生が出てきたって事を 忘れ物をするわけにはいかねーからな アメリカに行っちまう前によ 神奈川の流川という芽を叩き潰しておかないと」
29巻255話で、沢北が流川に言ったセリフ。アメリカ行きを決意した沢北は、日本ではなかなか互角に戦える選手がおらず、どこか物足りなさを感じていました。しかしこのインターハイで、真っ向から挑んでくる流川に出会い、闘志を掻き立てられます。沢北はこう言って挑発し、流川との対決を喜ぶのでした。

6位:河田さんはゴツイ顔の割にシュートエリアは広いから大丈夫

河田さんはゴツい顔の割にシュートエリアは広いから大丈夫

「ディフェンスも同じです ゴール下から離れた所で 勝負してゴール下から連れ出せばいい 河田さんはゴツい顔の割にシュートエリアは広いから大丈夫」
25巻218話で、沢北が言ったセリフ。湘北のビデオを研究し、沢北は赤木の弱点を見抜きました。しかし真面目に対策を述べた後、余計な一言で河田を怒らせてしまいます。河田に関節技をかけられ泣きべそをかく沢北ですが、他の部員は誰も沢北を助けず「すぐ泣く」と言って冷ややかに見ていました。

スポンサーリンク

7位:1ON1じゃオレには 勝てねえよ 流川

1on1じゃオレには勝てねえよ

「1ON1じゃオレには 勝てねえよ 流川」
29巻255話で、沢北が流川に言ったセリフ。1ON1を仕掛けてくる流川に対し、沢北は圧倒的な実力差を見せつけました。シュートをブロックされ倒れ込んでしまった流川に、沢北は手を差し伸べながらこう思います。湘北のベンチは、「あの流川があそこまで鮮やかにやられるのか」と絶望を感じていました。

8位:よーいドン!

よーいドン!

「よーいドン!」
29巻255話で、沢北が流川に言ったセリフ。自分と同じタイプのプレイヤーである流川を目の前に、がぜん闘志が湧いた沢北は、この合図とともに流川を抜き去ります。流川・桜木・宮城の湘北最速トリオが追いかけますが、沢北はこの3人を置き去りにして力強いダンクシュートを決めました。

スポンサーリンク

9位:受けてやる

受けてやる

「受けてやる」
29巻252話で、沢北が流川に言ったセリフ。桜木と沢北から立て続けに挑発を受けた流川は、静かに闘志を燃やし始めました。そして目の前の沢北に対し、「ぶっつぶす」と言い放ちます。これに対し沢北は一言こう答え、余裕の笑みを浮かべるのでした。

10位:勝負しよーぜテツ!

勝負しよーぜテツ

「勝負しよーぜテツ!」
29巻255話で、幼い頃の沢北が父・哲治に言ったセリフ。バスケ好きの父の元で、生まれた頃からボールに触れて育ってきた沢北は、バスケを愛するようになります。そんな息子のため、哲治は田舎にバスケットコートのある家を建てました。本格的なコートに興奮した幼い沢北は、哲治に勝負を挑みます。

スポンサーリンク

11位:フェイクん時のボールが無防備だ! お前は!!

フェイクん時のボールが無防備だ

「フェイクん時のボールが無防備だ! お前は!!」
29巻257話で、沢北が流川に言ったセリフ。流川はフェイクを仕掛けますが、沢北は一瞬の隙をつきボールをカットします。そのまま速攻からシュートを決めたうえ、流川からバスケットカウントまで奪う沢北。完璧だと思われた流川のプレイも、沢北を前にすると弱点が浮き彫りになるのでした。

12位:こいつ・・・・・・ いずれ大物になるかもよ・・・

こいついずれ大物になるかもよ

「こいつ・・・・・・ いずれ大物になるかもよ・・・」
25巻218話で、沢北が言ったセリフ。湘北の流川のプレイをビデオで分析していると、沢北は先輩たちに、強引でワガママなプレイがそっくりだと言われます。それを聞いた直後、沢北はこう言いました。まるで自分が大物であるかのような言い方をした沢北に対し、河田は「のぼせんな」と怒りをあらわにします。

スポンサーリンク

13位:うるさいなもーーっ!!痛いんすよほんとに!! バカ力!!

痛いんすよほんとに!!バカ力!!

「うるさいなもーーっ!!痛いんすよほんとに!! バカ力!!」
25巻218話で、沢北が先輩たちに言ったセリフ。河田を怒らせ関節技をかけられた沢北は、深津たち先輩に「すぐ泣く」と突っ込まれてしまいます。それに対し、沢北はこう言い返しました。すると河田は『バカ力』という言葉に反応し、沢北は再び技をかけられてしまうのでした。

14位:もう見つけた

もう見つけた

「もう見つけた」
25巻218話で、沢北が言ったセリフ。山王は湘北のプレイをビデオで研究し、改めて赤木が良い選手であると気付きました。弱点を見つけるため分析を続けていると、沢北はこう言います。河田が沢北に話をさせると、オフェンスのパターンやシュートエリアの狭さなど、赤木の弱点を見事に言い当てました。

スポンサーリンク

15位:そのパターンも知ってる

そのパターンも知ってる

「そのパターンも知ってる」
27巻238話で、沢北が赤木に言ったセリフ。インターハイ前、赤木は様々な攻撃パターンを猛練習していました。最強のセンター・河田を相手に必死で練習したスピンムーブを見せる赤木ですが、それを見て沢北はポツリとこう呟きます。次の瞬間、河田は赤木のシュートをあっさりブロックしました。

16位:ほう・・・

ほう・・・

「ほう・・・」
28巻251話で、沢北が流川に言ったセリフ。桜木からリバウンドを奪った河田は、沢北にパスを出します。そこに流川が「いかせん」と言いながら立ち塞がり、沢北の速攻を阻止しました。しかしこれを見て沢北は笑い、流川の裏をかいて河田にパスを出すという、一枚上手のプレイを見せます。

スポンサーリンク

17位:やられませんよ!

やられませんよ

「やられませんよ!」
26巻228話で、沢北が深津に言ったセリフ。流川は沢北を抜いてシュートを決めました。これに対し深津は、沢北がエースであることを認めたうえで「やられるくらいならいない方がいいピョン」と釘を刺します。沢北はこう言い返し、油断していたことを反省しつつ気合を入れ直しました。

18位:退屈なんだよ てめーらなんか・・・

退屈なんだよてめーらなんか

「退屈なんだよ てめーらなんか・・・」
29巻256話で、沢北が中学のバスケ部の先輩に言ったセリフ。父親相手に毎日1ON1を繰り返してきた沢北にとって、中学のバスケ部は物足りないものでした。新入生にして部の誰よりも強い沢北に先輩たちは目をつけ、体育館裏に呼び出します。ボコボコにされた沢北は、泣きながらこう呟いていました。

スポンサーリンク

19位:こいつがパスを・・・・・・ いい判断だ・・・

こいつがパスを・・・いい判断だ

「こいつがパスを・・・・・・ いい判断だ・・・」
29巻259話で、沢北が流川に言ったセリフ。沢北との1ON1で、流川は赤木にパスを出しました。沢北はこう思いながら、まだこの時は余裕の笑みを見せます。しかしこれは、パスという選択肢ができることで、沢北に考える時間を与えるという作戦でした。この後流川は、見事沢北を抜くことに成功します。

20位:あめーよ2度も抜かせるか!!

あめーよ2度も抜かせるか

「あめーよ2度も抜かせるか!!」
30巻261話で、沢北が流川に言ったセリフ。パスを出したことで沢北のディフェンスに選択肢を作った流川は、沢北を抜くことに成功しました。再び流川にボールが渡ると、沢北はこう言いながらコースを塞ぎます。しかしこれはフェイクで、流川はドリブルではなくパスを出し、赤木が得点を決めました。

スポンサーリンク

スラムダンクの名言をアニメでチェックしたい人はU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTならスラムダンクのアニメも映画も両方楽しめます。

既に見た人でも、名言を意識しながら見返してみるとまた違った面白さがありますよ!

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐスラムダンクを見る

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!
※本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。