【鬼滅の刃】我妻善逸の名言・名セリフランキング20選!「夢を見るんだ」「雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃」

   

『鬼滅の刃』の我妻善逸の名言・名セリフを名言集としてランキングにまとめてみました。
アニメ、原作マンガから引用しています。
ネタバレを含むのでご注意ください。

目次

我妻善逸の名言・名セリフランキング20選

1位:雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃

雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃
「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃」
3巻23話で、善逸が使った技。善逸が唯一使える技でもあります。響凱の屋敷で鬼に追われた善逸は、あまりの恐怖に気絶してしまいます。絶体絶命かと思われたその時、善逸の本来の力が覚醒しました。普段の臆病な姿から、技を使うときのギャップが、善逸の魅力です。

2位:夢を見るんだ

夢を見るんだ 

「夢を見るんだ 幸せな夢なんだ 俺は強くて 誰よりも強くて 弱い人や 困っている人を助けてあげられる いつでも」
4巻34話で、善逸が言ったセリフ。那田蜘蛛山で、兄蜘蛛を倒した善逸は力尽きました。人を助けられることが、幸せという善逸の優しさが感じられます。また、善逸は敵と遭遇すると恐怖で、失神したまま、技を出します。その時の強さが、善逸の理想なのかもしれません。

スポンサーリンク

3位:俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ

俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ 
「俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ」
6巻49話で、善逸が炭次郎に言ったセリフ。炭次郎、伊之助、善逸の3人は機能回復訓練に参加します。しかし、同じ時に隊士になったカナヲには、一度も勝つことができません。炭次郎が「同じ時に隊員になったはずなのにこの差はどういうことなんだろう」と自信をなくす中、善逸は開き直っているようでした。

4位:雷の呼吸 漆ノ型 火雷神


「雷の呼吸 漆ノ型 火雷神」
17巻145話で、善逸が獪岳に使った技。無惨城で獪岳と戦う善逸は、獪岳の攻撃に深手を負います。城の奥へ落ちていく中、最後の力を振り絞って獪岳を攻撃します。善逸は、雷の呼吸を壱ノ型しか使えませんでしたが、漆ノ型を自分で編み出していました。弱気な場面が多い善逸ですが、型を作り出すほど努力してきたことがうかがえます。

スポンサーリンク

5位:お前が・・・これ・・・命より大事な物だって・・・言ってたから・・・

お前が・・・これ・・・命より大事な物だって・・・言ってたから・・・
「炭治郎・・・俺・・・守ったよ・・・お前が・・・これ・・・命より大事なものだって・・・言ってたから・・・」
3巻25話で、善逸が炭次郎に言ったセリフ。伊之助は、禰豆子が入った箱を見つけると、鬼が入っていると箱を壊そうとします。それを見た善逸は、炭次郎が大事にしていたからと、身を挺して箱を守るのです。善逸は、伊之助に何度も殴られ、痣だらけになりながらも最後まで箱から離れませんでした。

6位:女の子一人につきおっぱい二つ お尻二つ 太もも二つ ついてんだよ

女の子一人につきおっぱい二つ お尻二つ 太もも二つ ついてんだよ
「女の子一人につき おっぱい二つ おしり二つ 太もも二つ ついてんだよ すれ違えばいい匂いがするし見てるだけでも楽しいじゃろがい!!」
6巻49話で、善逸が炭次郎と伊之助に言ったセリフ。那田蜘蛛山で深手を負った3人は、機能回復訓練を受けることになります。炭次郎と伊之助は、訓練で負けることに落ち込んでいました。そこへ、遅れて参加した善逸。訓練の相手が、アオイやカナヲたち女の子だと知ると、炭次郎と伊之助に怒りだすのでした。善逸の女好きがよく表れている場面です。

スポンサーリンク

7位:耳を引っ張って怪我をさせた子に謝れ

耳を引っ張って怪我をさせた子に謝れ
「俺は君に言いたいことがある 耳を引っ張って怪我をさせた子に謝れ」
10巻88話で、善逸が堕姫に言ったセリフ。吉原では堕姫が蕨姫花魁として、若い女の子にきつくあたっていました。そこに潜入していた善逸は、堕姫の横暴を謝るように迫ります。
「自分がされて嫌だったことは人にしちゃいけない」と堕姫を強い言葉でたしなめるのでした。

8位:享年が一桁とかあんまりだぞ!!

享年が一桁とかあんまりだぞ!! 
「俺が何とかしなくちゃ 俺が守ってあげないと可哀想だろ!! 享年が一桁とかあんまりだぞ!! 」
3巻23話で、善逸がいったセリフ。響凱の屋敷で、炭次郎とはぐれた善逸は、一人で男の子を守ることになります。しかし、臆病な善逸は男の子に縋りつくばかりでした。腰を抜かすほど怖がる善逸は、男の子を守りたい気持ちと恐怖に葛藤していました。

スポンサーリンク

9位:どんな時もアンタからは不満の音がしてた

どんな時もアンタからは不満の音がしてた
「どんな時もアンタからは不満の音がしてた 心の中の幸せを入れる箱に穴が空いてるんだ どんどん幸せが零れていく その穴に早く気づいて塞がなきゃ 満たされることはない」
17巻145話で、善逸が言ったセリフ。回想シーンで、善逸は人間だった獪岳とのことを思い出します。善逸は獪岳のことを嫌っていましたが、剣に向かう姿勢は尊敬していました。善逸は、獪岳の気持ちを察しながら何もできずにいました。最後には師匠である桑島慈悟郎に「じいちゃん ごめん」というところから、罪悪感を感じていたことがわかります。

10位:適当な穴埋めで上弦の下っぱに入れたのが随分嬉しいようだな

適当な穴埋めで上弦の下っぱに入れたのが随分嬉しいようだな
「適当な穴埋めで上弦の下っぱに入れたのが随分嬉しいようだな」
17巻144話で、善逸が獪岳に言ったセリフ。獪岳は、雷の呼吸の使い手として、善逸と一緒に修行をしていましたが、自分の評価に満足できずにいました。そして、ついに獪岳は鬼になってしまいます。無限城で再開した善逸は、普段から考えられないほど怒りを滲ませていました。

スポンサーリンク

11位:禰豆子ちゃんは俺が守る

禰豆子ちゃんは俺が守る
「禰豆子ちゃんは俺が守る」
7巻60話で、善逸が禰豆子に言ったセリフ。無限列車で、魘夢の血鬼術にかかり、炭次郎たちは寝てしまいます。そんな中、禰豆子は一人で乗客を守っていました。しかし、一人で守るには限界があり、魘夢の触手に絡めとられてしまいます。そこへ、眠っていたはずの善逸が助けにきました。

12位:後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ

後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ
「俺がカスならアンタはクズだ 壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ 後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ」
17巻144話で、善逸が獪岳に言ったセリフ。無限城で善逸は、獪岳が鬼になったせいで、師匠の桑島慈悟郎が介錯もつけずに一人で腹を切り、長い時間苦しんで死んだと、泣きながら訴えます。しかし、獪岳は「知ったことじゃねぇよ」と桑島慈悟郎のことを批判します。師匠を侮辱された善逸は、怒りに震えながら獪岳に迫っていました。

スポンサーリンク

13位:助けてくれ!!結婚してくれ

助けてくれ!!結婚してくれ
「助けてくれ!!結婚してくれ」
3巻20話で、善逸が助けてもらった女性に言ったセリフ。道端で具合が悪くなった善逸は、通りすがった女性に声をかけられます。それだけで、善逸は女性が自分のことが好きなのだと勘違いしてしまいます。善逸の登場シーンでもあり、登場からキャラの濃さが際立っています。

14位:これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ

これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ
「これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ」
16巻136話で、善逸が炭次郎に言ったセリフ。悲鳴嶼さんとの訓練の中、善逸は手紙を受け取ります。その後、善逸は一人、岩の上に座り続けていました。その様子を心配した炭次郎が声をかけに来ます。善逸は「やらなくちゃいけないことがはっきりしただけだ」と真剣な表情でいました。この時、手紙で師匠が死んだことを知った善逸は、獪岳の頸を斬る覚悟を決めていたようでした。

スポンサーリンク

15位:炭治郎からは 泣きたくなるような優しい音がする

炭治郎からは 泣きたくなるような優しい音がする
「炭治郎からは 泣きたくなるような優しい音がする」
4巻26話で、善逸のモノローグ。善逸は、禰豆子が入った箱を身を挺して守ります。伊之助に、鬼が入っていると怒られても最後まで箱を離しませんでした。善逸も、音によって箱の中が鬼であることに気づいていました。しかし、炭次郎の優しい音を信じて、最後まで箱を守ったのです。

16位:こんなことある!?

こんなことある!?
「こんなことある!? 夢であってくれたなら俺頑張るから 起きた時禰豆子ちゃんの膝枕だったりしたらもうすごい頑張る 畑を耕します 一反でも二反でも耕してみせる!! 悪夢から覚めてくれぇーっ!!」
4巻32話で、善逸がいったセリフ。那田蜘蛛山で、炭次郎や伊之助とはぐれ一人になった善逸。そこに、人の顔がついた蜘蛛が現れます。蜘蛛に、驚いた善逸は夢をみているのではないかと混乱してしまいました。善逸の臆病さがよくでています。

スポンサーリンク

17位:ごめん兄貴

ごめん兄貴
「ごめん兄貴」
17巻145話で、善逸が獪岳に向けたモノローグ。回想シーンで、善逸は獪岳の気持ちを知りながら何もできず、後悔をしていました。それでも、鬼になってしまった獪岳を“兄貴”と呼び、善逸は自分が編み出した呼吸で頸を斬り落とします。無限城で再会した当初の怒りはなく、悲しげな様子がわかります。

18位:この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった・・・

この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった・・・ 
「この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった・・・」
17巻145話で、善逸が獪岳に言ったセリフ。雷の呼吸の壱ノ型しか使えなかった善逸は、自分だけの型、漆ノ型を編み出します。頸を斬られた獪岳は、善逸が贔屓されていたと怒りました。ただ善逸は、尊敬していた獪岳と肩を並べるために、努力していたのでした。

スポンサーリンク

19位:うるさい黙れ!!俺がどんな想いでこんなことしてると思う!!

うるさい黙れ!!俺がどんな想いでこんなことしてると思う!!
「うるさい黙れ!!俺がどんな想いでこんなことしてると思う!!」
鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録『中高一貫!!キメツ学園物語』で、善逸が炭次郎に言ったセリフ。バレンタインでモテたい善逸は、煉獄さんにモテるために何をしているか聞きに行きます。しかし、煉獄さんからは期待していた答えは返ってきませんでした。途端に失礼な態度をとる善逸に炭次郎が注意しますが、聞く耳を持ちませんでした。

20位:しのぶさんっていう人の”音”は独特なんだよな

しのぶさんっていう人の"音"は独特なんだよな
「しのぶさんっていう人の”音”は独特なんだよな 今まで聞いたことない感じだ 規則性がなくてちょっと怖い」
6巻49話で、善逸が言ったセリフ。那田蜘蛛山での傷を療養中の善逸は、胡蝶しのぶのことを思い出します。しのぶは、那田蜘蛛山で倒れた善逸を介抱してくれました。善逸は、しのぶの鬼を憎む気持ちを感じ取っていることから、感情にも音があることがわかります。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の名言を漫画・アニメでチェックしたい人はU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTなら鬼滅の刃の漫画もアニメも両方楽しめます。

既に見た人でも、名言を意識しながら見返してみるとまた違った面白さがありますよ!

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ鬼滅の刃を見る

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!
※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。