【鬼滅の刃】竈門炭治郎の名言・名セリフランキング20選!「ヒノカミ神楽」「努力」「頑張れ」「長男だから」

   

『鬼滅の刃』の竈門炭治郎の名言・名セリフを名言集としてランキングにまとめてみました。
アニメ、原作マンガから引用しています。
ネタバレを含むのでご注意ください。

目次

竈門炭治郎の名言・名セリフランキング20選

1位:ヒノカミ神楽 円舞

ヒノカミ神楽 円舞

「ヒノカミ神楽炎舞!禰豆子を守るんだ!見えた!隙の糸!今ここで倒すんだ!たとえ相打ちになったとしても!俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!」
5巻40話で、那谷蜘蛛山の累との戦いで炭次郎が言ったセリフ。炭次郎が初めてヒノカミ神楽の技を使えたシーンです。追い詰められた炭次郎は、父が舞っていたヒノカミ神楽を思い出し、累に立ち向かいます。炎とともに美しい弧を描く攻撃は、アニメでも絶賛されるシーンです。

2位:俺と禰豆子が必ず!!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!

俺と禰豆子が必ず!!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!

「俺は・・・俺と禰豆子は鬼舞辻無惨を倒します!!俺と禰豆子が必ず!!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!」
6巻47話で、炭次郎がお館様に言ったセリフ。柱合会議でお館様から「十二鬼月を倒しておいで」と言われます。これに対して、炭次郎が意気込んで発したのがこのセリフです。興奮して想いを伝える炭次郎ですが、「今の炭治郎にはできないから まず十二鬼月を一人倒そうね」とお館様になだめられるのでした。

スポンサーリンク

3位:努力は日々の積み重ねだ 少しずつでいい 前に進め!! 努力は日々の積み重ねだ 少しずつでいい 前に進め!!

努力は日々の積み重ねだ 少しずつでいい 前に進め!!

「頑張れ! 頑張ることしかできないんだから 俺は昔から 努力は日々の積み重ねだ 少しずつでいい 前に進め!」
6巻50話で、炭次郎が訓練中にいったセリフです。全集中・常中を会得するため訓練を続ける炭次郎でしたが、なかなか習得することができません。焦る炭次郎でしたが、自分を奮い立たせて、基本に返りながら再び訓練に励んでいきます。

4位:頑張れ 炭治郎頑張れ!!俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!!

頑張れ炭治郎頑張れ!!俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!!

「頑張れ炭治郎頑張れ! 俺は今までよくやってきた! 俺はできる奴だ!」
3巻24話で、炭次郎が己を鼓舞するために言ったセリフ。元一二鬼月・下弦の陸の響凱との戦いで、炭次郎は前の戦いの傷が癒えていないまま、響凱と戦うことになります。響凱の素早い攻撃に炭次郎は、悪い想像ばかり浮かんでしまいます。そんな中、師匠の鱗滝さんの言葉を思い出し、自分を鼓舞しながら響凱に向かっていきました。

スポンサーリンク

5位:俺は長男だから我慢できたけど 次男だったら我慢できなかった

俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった

「すごい痛いのを我慢してた!!俺は長男だから我慢できたけど 次男だったら我慢できなかった」
3巻24話で、響凱と戦う炭次郎の心の中のセリフ。響凱との戦いで疲弊した炭次郎はここに来るまでのことを思い出します。思い出すのは、前の矢琶羽・朱紗丸との戦いでの傷をずっと我慢していたことや、響凱の攻撃の強さなど、悪い想像ばかり。炭次郎には珍しく愚痴がもれた場面でもあります。

6位:失っても失っても 生きていくしかないです

失っても失っても 生きていくしかないです
「失っても失っても 生きていくしかないです どんなに打ちのめされようと 」
2巻13話で、婚約者を鬼に食べられた男に炭次郎が言ったセリフです。鬼を倒したが、婚約者を亡くした男は呆然としています。「婚約者を失って大丈夫だと思うか」と冷たく言われた炭次郎が、優しくこのセリフを男に発します。家族を鬼に殺された炭次郎だから出たセリフだといえます。

スポンサーリンク

7位:人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!

人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!
「頑張れ!人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」
7巻53話で、炭次郎がカナヲに言ったセリフ。炭次郎は次の任務に行く前、カナヲに挨拶に行きます。カナヲは何をするにもコインを投げて決めていました。そんなカナヲに炭次郎は、カナヲが自分の心の声を聞くようにコインを投げて決めます。まっすぐな炭次郎の言動に、カナヲの心が動かされる印象的なシーンです。

8位:水の呼吸 肆ノ型 打ち潮

水の呼吸 肆ノ型 打ち潮
「水の呼吸 肆ノ型 打ち潮」
1巻6話で、炭次郎が鬼殺隊最終戦別の時に鬼2体を倒した技です。大きな波を打ち付けるように出す技です。堕姫戦で使った、“打ち潮・乱”という応用もあります。富岡義勇もよく使用する技で、その威力の違いが炭次郎との技量の差をよく表しています。

スポンサーリンク

9位:幸せが壊れる時には いつも血の匂いがする

幸せが壊れる時にはいつも血の匂いがする
「生活は楽じゃないけど幸せだな でも人生には空模様があるからな 移ろって動いていく ずっと晴れ続けることはないし ずっと雪が降り続けることもない そして幸せが壊れる時には いつも血の匂いがする」
1巻1話で、炭次郎が炭を売りに、山を降りる場面でのセリフです。それまで、山を降りる炭次郎を見送る兄妹たちの様子が描かれており、これから待つ残酷なシーンを予感させています。

10位:逃げな卑怯者!!

逃げるな卑怯者!!
「逃げるな卑怯者!!逃げるなァ!!! いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦ってるんだ!!」
8巻65話で、炭次郎が猗窩座にいったセリフです。猗窩座は煉獄との壮絶な戦いの末、朝日から逃れるため、逃げ出します。炭次郎はそんな猗窩座に刀を投げ、煉獄が負けていないことを訴えます。鬼を倒せなかった悔しさが全力で表れており、映画でも印象的なシーンになっています。

スポンサーリンク

11位:心を燃やせ!!!

心を燃やせ!!!
「 燃やせ 燃やせ 燃やせ!!心を燃やせ!!!」
9巻77話で、炭次郎が上弦の鬼、墜姫と対峙した時のセリフです。水の呼吸では堕姫には歯が立たず、ヒノカミ神楽を使わなくてはならないと考えます。炭次郎は、今までの訓練や、煉獄さんを想い、心を奮い立たせながら墜姫に向かっていきます。

「それでも俺は 今自分にできることを精一杯やる 心を燃やせ 負けるな 折れるな」
22巻192話で、炭次郎がいったセリフです。炭次郎は、無惨を倒すためヒノカミ神楽を最後までやり通す必要があることを悟ります。炭次郎には、その才覚がないことがわかっていますが、無惨を倒すため覚悟を決めます。

「赫く 刃を赫くするんだ 心を燃やせ 赫くなれ 頼む」
23巻199話で、炭次郎がいったセリフ。無惨との戦いで、ついに無惨を追い詰めた炭次郎たち。朝日が昇り始め、あと一歩というところで、無惨も抵抗をみせます。「心を燃やせ」が何度も登場することから、煉獄さんの言葉が炭次郎に深く刻まれていることがうかがえます。

12位:悔しいなぁ 何か一つできるようになっても またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ

悔しいなぁ 何か一つできるようになっても またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ
「悔しいなぁ 何か一つできるようになっても またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ」
8巻66話で、炭次郎が言ったセリフです。煉獄が猗窩座に倒され、炭次郎は悲しみで煉獄の前から動けずにいました。まだ上弦の鬼に太刀打ちできない無力さに、炭次郎は泣きながらこのセリフを言います。いつも前向きに努力してきた炭次郎の弱音を吐くほど、煉獄の死がショックだったことがわかります。

スポンサーリンク

13位:絶対諦めるな!!

絶対諦めるな!!
「絶対諦めるな!! 次は斬れる!! 俺が守るから!! 頸を斬ることだけ考えろ!!」
13巻115話で、炭次郎が不死川玄弥にいったセリフ。上弦の肆、半天狗との戦いで、一度は半天狗の頸に刀をかけました。しかし、その頸は固くて切れず、次は玄弥が他の鬼に襲われます。完全にやられたと思っていた玄弥ですが、炭次郎が助けに入り再び鬼の頸を狙います。

14位:折れていても!!俺が挫けることは絶対に無い!!

折れていても!!俺が挫けることは絶対に無い!!
「そして今日も!!これからも!!折れていても!!俺が挫けることは絶対にない!!」
3巻24話で、炭次郎が己を鼓舞するために言ったセリフ。4位のセリフからそのままこのセリフへと続きます。響凱との戦いで疲弊していた炭次郎ですが、あきらめずに最後まで戦います。炭次郎の精神力の強さが表れています。

スポンサーリンク

15位:目覚めろ!!起きて戦え!!

起きろ!起きて戦え!!
「起きろ!攻撃されてる 夢だ これは夢だ!!目覚めろ!!起きて戦え!!」
7巻56話で、夢の中の炭次郎に、炭次郎本人が声をかけたセリフ。無限列車の中で、炭次郎は魘夢の血鬼術にかかり夢の中に閉じ込められます。夢の中で、家族と幸せなひと時を過ごしていましたが、自分自身を夢から引き戻すため、炭次郎は必死に夢の中の自分に異変を伝えるのでした。

16位:煉獄さんは負けてない!!

煉獄さんは負けてない!!
「 煉獄さんは負けてない!!誰も死なせなかった!!戦い抜いた!!守り抜いた!!」
8巻65話で、炭次郎が猗窩座にいったセリフです。10位のセリフから続けてこのセリフにつながります。息を切らすほど矢継ぎ早に言葉を発している様子が見られます。最後には、「うあああああああああ!!!」と言葉にならない叫ぶ姿が印象的です。

スポンサーリンク

17位:人のためにすることは結局 巡り巡って自分のためにもなっているものだし

人のためにすることは結局 巡り巡って自分のためにもなっているものだし
「人のためにすることは結局 巡り巡って自分のためにもなっているものだし 俺も行こうと思ってたからちょうどいいんだよ」
12巻106話で、炭次郎が時透無一郎に言ったセリフ。刀鍛冶の里で、炭次郎が無一郎に、一緒に刀鍛冶の鉄穴森を捜すのを手伝うと提案します。「なんでそんなに人を構うの?」と不思議がる無一郎に、炭次郎が答えたセリフです。炭次郎の優しさが感じられるシーンです。

18位:お互いを罵り合ったら駄目だ

お互いを罵り合ったら駄目だ
「仲良くしよう この世でたった二人の兄妹なんだから 君たちのしたことは誰も許してくれない 殺してきたたくさんの人に恨まれ憎まれて罵倒される 味方してくれる人なんていない だからせめて二人だけは お互いを罵り合ったら駄目だ」
11巻96話で、上弦の鬼、堕姫と妓夫太郎に炭次郎がいったセリフです。炭次郎たちに首を落とされた堕姫と妓夫太郎は、身体が消えようとする時まで、お互いを罵りあいます。そこへ炭次郎がわって入り、喧嘩をやめさせました。

スポンサーリンク

19位:人にはどうしても退けない時があります

人にはどうしても退けない時があります

「選ばれた者でなくても力が足りずとも人には どうしても退けない時がありま 」
10巻81話で、炭次郎が煉獄杏寿郎の父・槇寿郎からの手紙に応えたセリフです。槇寿郎の手紙に、額の痣は日の呼吸の選ばれた使い手に表れるとあります。しかし、炭次郎の額の痣は生まれつきではないため、選ばれた使い手ではありません。それでも、あきらめずに戦う炭次郎の強い想いが感じられます。

20位:一番弱い人が 一番可能性を持ってるんだよ玄弥

一番弱い人が 一番可能性を持ってるんだよ玄弥
「一番弱い人が 一番可能性を持ってるんだよ玄弥」
20巻172話で、炭次郎が玄弥に言ったセリフ。上弦の壱・黒死牟との戦いで、柱の3人が必死に戦う中、玄弥は影に隠れて助けに入る機会をうかがいます。しかし、自分の強さでは太刀打ちできないのではと葛藤する中、炭次郎のセリフを思い出すのです。炭次郎の言葉を思い出し、玄弥は、戦うことを決意します。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の名言を漫画・アニメでチェックしたい人はU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTなら鬼滅の刃の漫画もアニメも両方楽しめます。

既に見た人でも、名言を意識しながら見返してみるとまた違った面白さがありますよ!

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ鬼滅の刃を見る

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!
※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。