【スラムダンク】花形透の名言・名セリフランキング20選!「細胞が瞬間的に反応した」「オレを信じろ」

   

『スラムダンク』の翔陽のセンター、花形透の名言・名セリフを名言集としてランキングにまとめてみました。
アニメ、原作マンガから引用しています。
ネタバレを含むのでご注意ください。

目次

花形透の名言・名セリフランキング20選

1位:奴の肉体が・・・いや・・・ 細胞が瞬間的に反応した

奴の肉体が・・・いや細胞が瞬間的に反応した

「奴の肉体が・・・いや・・・ 細胞が瞬間的に反応した そんな感じだった・・・」
21巻182話で、花形が藤真に言ったセリフ。湘北VS陵南戦終盤、桜木は福田・仙道・魚住を相次いで止めました。理屈では説明できない桜木の動きを見て、藤真は「頭で考えてやったことじゃない」と言います。さらに花形はこう言い、桜木の未知なる力に対して脅威を感じるのでした。

2位:藤真!! オレを信じろ!!

藤真!!オレを信じろ!!

「藤真!!オレを信じろ!!」
10巻87話で、花形が藤真に言ったセリフ。前半戦、リードしていた翔陽ですが、勢いにのった湘北に同点まで追いつかれてしまいます。見かねた藤真はジャージを脱ぎ、立ち上がりました。しかし花形は、コートに入ろうとした藤真にストップをかけます。藤真は花形を信頼し、再びベンチに腰を下ろしました。

スポンサーリンク

3位:これで桜木はファウル4つだ

これで桜木はファウル4つだ

「これで桜木はファウル4つだ 勝って決勝リーグに行くぞ!! 全力で湘北を倒す!!」
11巻93話で、花形が言ったセリフ。桜木の肘がこめかみに当たってしまい、流血し倒れる花形。花形はゴール下の要であり、「抜けられてはまずい」と藤真は焦ります。しかし、そんな不安をよそに花形は起き上がり、割れたメガネを握り締めてこう言いました。これを境に、試合のペースは翔陽に傾きます。

4位:あっという間にこのオレや赤木よりも上へ・・・・!! こいつは瞬発力が全然ちがう!!

こいつは瞬発力が全然ちがう

「あっという間にこのオレや赤木よりも上へ・・・・!! こいつは瞬発力が全然ちがう!!」
10巻88話で、花形が桜木に言ったセリフ。リバウンダーとしての素質を開花させた桜木。その身体能力の高さに驚いた花形は、心の中でこう叫びます。そしてリバウンドをとった桜木から宮城へパスが渡り、流川がシュートを決め湘北が逆転しました。これを受け、ついに藤真はコートに入る決断をします。

スポンサーリンク

5位:さあ気合いいれていくぞ!!! 翔陽の力を見せてやる!!!

翔陽の力を見せてやる

「さあ気合いいれていくぞ!!! 翔陽の力を見せてやる!!!」
10巻87話で、花形が翔陽のメンバーに言ったセリフ。湘北に同点に追いつかれ、藤真はコートに入ろうとしますが、花形はそれを制止しました。そしてチームにこう声をかけた後、赤木からリバウンドを奪ってダンクを決めます。これを見た藤真は安心してベンチに座り、会場は花形コール一色になりました。

6位:遠慮するなよ!! オレたちは翔陽なんだ!!

遠慮するなよオレたちは翔陽なんだ

「遠慮するなよ!! オレたちは翔陽なんだ!!」
10巻87話で、花形が翔陽のメンバーに言ったセリフ。花形がリバウンドを奪ってダンクを決めた直後、三井はドリブルで切り込みシュートを打ちます。しかし花形は、この時三井からファウルを奪ってこう言いました。花形の頼もしさに安心感を覚えたチームは勢いにのり、再び点差を引き離していきます。

スポンサーリンク

7位:シュートは素人のように下手だがリバウンドはちがう!! 基本のスクリーンアウトをきっちりとやってくる!!パワーもある!!

シュートは素人のように下手だがリバウンドはちがう

「くっ・・・!! この10番を甘くみていた!! シュートは素人のように下手だがリバウンドはちがう!! 基本のスクリーンアウトをきっちりとやってくる!!パワーもある!!」
10巻88話で、花形が桜木に言ったセリフ。後半戦、桜木のリバウンドが湘北に良い流れをもたらします。桜木のプレイを見た花形は、シュートはともかく、リバウンドはあなどれないと気がつきました。県内1の高さを誇る翔陽を相手にリバウンドを奪う桜木には、陵南の田岡監督も驚きをあらわにします。

8位:オレは桜木のことは認めてるんだがな・・・

オレは桜木のことは認めてるんだがな

「その場でシュートならブロックする力があるが抜きにかかられると対応しきれなくなるってことだろ? ・・・ オレは桜木のことは認めてるんだがな・・・」
18巻160話で、花形が言ったセリフ。桜木のディフェンスを弱点だと見なした陵南は、福田にボールを集め得点を奪います。藤真はそんな桜木を見て「タテは止められるがヨコはまだついていけない」と課題を指摘しました。花形は藤真の言葉に同意する一方で、桜木の実力を認めこう言っています。

スポンサーリンク

9位:あれが牧のプレイだ・・・・・・!!

あれが牧のプレイだ

「あれが牧のプレイだ・・・・・・!!」
14巻118話で、花形が言ったセリフ。海南VS湘北戦後半、牧は湘北1のスピードを誇る宮城を抜きます。そして湘北1のパワーを持つ赤木とぶつかりながらシュートを決め、バスケットカウントを奪いました。牧のスーパープレイを見た花形は、こう声を漏らします。

10位:すごいじゃないか湘北!!1ゴール差とは!!

すごいじゃないか湘北1ゴール差とは

「すごいじゃないか湘北!!1ゴール差とは!! こりゃあどういうことだ!?」
13巻114話で、花形が言ったセリフ。海南VS湘北の前半戦終盤で、会場にやってきた花形と長谷川。湘北がたった1ゴール差で健闘していることを知った花形は、驚きを隠せずこう言いました。先に試合を観ていた高野と永野は、驚く花形に対し「流川を見てろ」と言い、コートに真剣な眼差しを向けます。

スポンサーリンク

11位:藤真と牧の決定的な違いはそのパワーだった!!

藤真と牧の決定的な違いはそのパワーだった

「積極果敢なカットインからパワー負けしないその体でファウルをもらい3点プレイをものにする!! 藤真と牧の決定的な違いはそのパワーだった!!」
14巻118話で、花形が言ったセリフ。赤木からバスケットカウントを奪った牧を見て、花形はこう言いました。藤真と共に『神奈川の双璧』と言われてきた牧ですが、牧は藤真にはないパワーを持っています。牧のプレイを見て、花形は改めてそのパワーの強さを実感するのでした。

12位:だが相手が弱すぎる 翔陽(オレたち)なら200点とってるぜ

翔陽なら200点とってるぜ

「まあな魚住 だが相手が弱すぎる 翔陽(オレたち)なら200点とってるぜ」
9巻79話で、花形が魚住に言ったセリフ。花形の初登場シーンです。湘北VS角野戦を観に行く電車の中で、魚住は花形を見かけます。その後、会場で花形に「わざわざ見にきたかいがあったか」と声をかけました。湘北は角野相手に130点以上差をつけ圧倒的な強さを見せますが、花形は自信満々にこう答えます。

スポンサーリンク

13位:さすが藤真・・・

さすが藤真

「さすが藤真・・・」
12巻107話で、花形が言ったセリフ。藤真・花形・長谷川の3人は、決勝リーグの陵南VS武里戦を観に来ていました。そこへ藤真ファンの女子が声をかけに来て、握手を求めます。藤真は微笑んで握手に応じていました。花形はその様子を横目で見つめ、少し羨ましそうな表情を浮かべながらこう思います。

14位:どっちがNO.1センターか!! 決着だ!!

どっちがNO.1センターか決着だ

「魚住VS赤木!! どっちがNO.1センターか!! 決着だ!!」
20巻174話で、花形が言ったセリフ。湘北VS陵南戦残り6分、4ファウルの魚住がコートに戻りました。自分自身もチームも後が無い状況で、魚住はかつてないほど集中力を研ぎ澄まします。そんな中、魚住がマークする赤木にボールが渡りました。緊張感溢れるこの場面で、花形は思わずこう叫びます。

スポンサーリンク

15位:力できたっ!!

力できたっ!

「力できたっ!!」
20巻174話で、花形が言ったセリフ。湘北のゴール下で赤木にパスが渡り、会場の注目が集まる中、赤木はドリブルで魚住を押しのけてシュートを打ちました。このプレイを見た花形はこう言います。しかし「デカいだけ」と言われた過去を思い出した魚住は、シュートを阻止し、意地のプレイを見せました。

16位:何か変だあいつ・・・動きが・・・ 予測がつかん・・・!?

何か変だあいつ動きが・・・予測がつかん

「何か変だあいつ・・・動きが・・・ 予測がつかん・・・!?」
10巻88話で、花形が桜木に言ったセリフ。ハーフタイム中に晴子に褒められた桜木は調子に乗り、後半開始直後、シュートを外しては自分でリバウンドを取るプレイを繰り返します。「自らとーる!」と言って飛びまくる奇想天外な桜木の動きに、花形はただならぬ何かを感じ、惑わされてしまうのでした。

スポンサーリンク

17位:すごい歓声だな こりゃあもしかして湘北けっこうがんばってるんじゃないか?

もしかして湘北けっこうがんばってるんじゃないか?

「おおっ すごい歓声だな こりゃあもしかして湘北けっこうがんばってるんじゃないか?」
13巻113話で、花形が言ったセリフ。海南VS湘北の会場に足を運んだ翔陽。花形は会場の外まで漏れる歓声を聞き、こう言いました。これに藤真は「簡単にひねられるような奴らじゃない」と答えます。湘北に負け、その強さを身を持って知った翔陽は、会話のあと少し寂しげな表情を浮かべました。

18位:強い・・・ 陵南が強いのか・・・ それとも武里が弱いのか・・・

陵南が強いのかそれとも武里が弱いのか

「強い・・・ 陵南が強いのか・・・ それとも武里が弱いのか・・・」
12巻107話で、花形が言ったセリフ。陵南VS武里戦を見にきていた翔陽。この試合では、陵南が主力である仙道・魚住を下げても、尚100点以上取るという強さで武里を圧倒していました。花形は陵南の強さに感心し、こう言います。藤真はこれに対し、武里が弱いわけではなく、陵南が強いのだと評価していました。

スポンサーリンク

19位:強引にきたっ!!

強引にきたっ!

「強引にきたっ!!」
18巻157話で、花形が言ったセリフ。湘北VS陵南戦前半、足の怪我が気にかかる赤木は集中力を欠き、ひどく散漫なプレイをしていました。しかし、花道の頭突きをきっかけに吹っ切れ、いつものプレイを取り戻します。魚住の力に押し負けず切れ込んできた赤木を見て、花形は思わずこう叫びました。

20位:おう!!

おう!!

「おう!!」
10巻86話で、花形が藤真に言ったセリフ。宮城のナイスプレーにより、焦りが出始めた翔陽。藤真はタイムアウトをとり、落ち着いてプレイするようチームに声をかけます。そして藤真は花形に「頼むぞ」とだけ伝え、チームを託しコートへ送り出します。花形もまた多くは語らず、藤真の言葉にこう答えました。

スポンサーリンク

スラムダンクの名言をアニメでチェックしたい人はU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTならスラムダンクのアニメも映画も両方楽しめます。

既に見た人でも、名言を意識しながら見返してみるとまた違った面白さがありますよ!

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐスラムダンクを見る

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!
※本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。