【スラムダンク】牧紳一の名言・名セリフランキング20選!「オレが敵のプレイヤーを尊敬するのは初めてだぜ」

   

『スラムダンク』の神奈川No.1プレイヤー、海南大附属の牧紳一の名言・名セリフを名言集としてランキングにまとめてみました。
アニメ、原作マンガから引用しています。
ネタバレを含むのでご注意ください。

目次

牧紳一の名言・名セリフランキング20選

1位:オレが敵のプレイヤーを尊敬するのは初めてだぜ・・・!!

オレが敵のプレイヤーを尊敬するのは初めてだぜ

「オレが敵のプレイヤーを尊敬するのは初めてだぜ・・・!!」
14巻117話で、牧が赤木に言ったセリフ。湘北VS海南戦で足を捻挫した赤木ですが、それを感じさせないほどのプレイを見せ、チームを鼓舞していました。この姿を目の当たりにした牧は、赤木に敬意を払ってこう言います。そして赤木の思いにプレイで応えるべく、ここから本気を出していくのです。

2位:あの文字が見えねえか? 海南のプレイヤーなら甘ったれたことを言うな

海南のプレイヤーなら甘ったれたことを言うな

「清田・・・・・・ あの文字が見えねえか? 海南のプレイヤーなら甘ったれたことを言うな」
13巻109話で、牧が清田に言ったセリフ。赤木が捻挫で離脱している間、弱点になるインサイドから攻め込むよう、牧はチームに指示をします。清田はこれに対し、「弱みにつけこむようなことしなくても勝てますよ」と言いました。しかし牧は清田にこう言い返し、この言葉を聞いた清田は再び気を引き締めます。

スポンサーリンク

3位:赤木の代わりなどいない 赤木が自分で立ち直るしかないんだ

赤木の代わりなどいない

「代わりがいればベンチに下げたいところだが・・・ 赤木の代わりなどいない 赤木が自分で立ち直るしかないんだ」
18巻156話で、牧が言ったセリフ。陵南戦前半、魚住に倒されたことがきっかけで、先週捻挫した足のことが頭から離れなくなってしまった赤木。散漫なプレイによりミスを連発する赤木を三井は責め、湘北は険悪なムードになります。これを見て牧は、赤木が自分で立ち直るしか道はないと話しました。

4位:海南のユニフォームをとった男だぞ

海南のユニフォームをとった男だぞ

「海南のユニフォームをとった男だぞ」
12巻106話で、牧が湘北に言ったセリフ。海南の宮益は、小柄で身体能力も低い選手でありながら、絶妙に桜木の弱点をついていました。みかねた三井は宮益のマークを軽くするよう指示を出しますが、その瞬間宮益はスリーポイントを決めます。牧はその時、宮益の実力を甘く見ていた湘北に対しこう言いました。

スポンサーリンク

5位:赤木の方がフケてるぞ!!

赤木の方がフケてるぞ

「赤木の方がフケてるぞ!!」
12巻104話で、牧が桜木に言ったセリフ。試合中、大人びた牧の顔をふと見た桜木は、OBだと勘違いします。清田のフォローと審判の仲裁により、事が収まったと思われたその時、牧が言った一言がこれです。威厳ある牧のまさかの発言に、とばっちりをくらった赤木をはじめ、周囲は驚きを隠せない様子でした。

6位:・・・・・・すまん 誰だっけ 君?

すまん誰だっけ君?

「・・・・・・・すまん 誰だっけ 君?」
23巻199話で、牧が大阪代表・豊玉の岸本に言ったセリフ。インターハイ開会式後、岸本は海南に対して嫌味を言いました。しかし岸本の顔を覚えていなかった牧は、その嫌味を物ともせずこう言い返します。牧のとぼけた発言に岸本は鼻を折られ、湘北のメンバーと清田は爆笑していました。

スポンサーリンク

7位:できる!!よな? でなきゃ外す

できる!!よな?でなきゃ外す

「できる!!よな? でなきゃ外す」
13巻115話で、牧が清田に言ったセリフ。試合前半、流川に25点も得点を許したことで、海南の高頭監督はチームを叱責しました。その時、1年生の清田が「流川を止める」と、マークにつくことを申し出ます。そこで牧は清田にこう尋ね、この問いに対し清田は「やってやる」と意気込みを見せました。

8位:試合はまだですか監督!!

試合はまだですか監督!

「試合はまだですか監督!!」
12巻99話で、牧が高頭監督に言ったセリフ。決勝リーグ1戦目・対湘北戦を控えたロッカールームで、牧は呼吸を整えながら、待ちきれない様子でこう言います。これを見た高頭は、頂点にいるにも関わらず勝ちに貪欲(どんよく)でハングリーな牧を、改めて高く評価していました。

スポンサーリンク

9位:ちえっ 互角だったかな・・・

ちぇっ互角だったかな

「ちぇっ 互角だったかな・・・」
17巻150話で、牧が高頭監督に言ったセリフ。湘北VS陵南戦の開始前、仙道が登場すると会場は仙道コール一色になります。あまりの声援の多さに高頭監督は「牧と互角の勝負をしてさらに株が上がったな」と言いました。それに対し牧は、苦笑しつつも茶目っ気混じりにこう答えています。

10位:どうだ仙道・・・ お前らを苦しめた湘北は・・・・・・?

どうだ仙道お前らを苦しめた湘北は

「どうだ仙道・・・ お前らを苦しめた湘北は・・・・・・?」
9巻75話で、牧が仙道に言ったセリフ。湘北VS三浦台の試合を観にきていた仙道は、会場で牧と遭遇しました。陵南と湘北が、練習試合で1ゴール差の接戦だったという情報を得ていた牧は、仙道にこう尋ねます。すると会話の途中で歓声が聞こえ、試合に何かしらの動きがあったことに2人とも気づきました。

スポンサーリンク

11位:おもしろい 10番オレがマークしてやる!!

10番オレがマークしてやる

「おもしろい 10番オレがマークしてやる!!」
12巻104話で、牧が言ったセリフ。試合前半10分、桜木の運動量と身体能力に光るものを見出した牧は、桜木のマークにつくと自ら宣言します。桜木が帝王・牧をその気にさせたことで、会場は湧きあがりました。しかしこの直後に、桜木から老け顔を指摘されてしまうシーンが待ち構えています。

12位:藤真のいない翔陽はいわば2軍・・・普通の強豪にすぎない たった一人PGがかわっただけで奴らはIH常連チームの顔になる 藤真に使われることによって奴らはその力を発揮してくる!!

藤真に使われることによって奴らはその力を発揮してくる

「藤真のいない翔陽はいわば2軍・・・普通の強豪にすぎない たった一人PG(ポイントガード)がかわっただけで奴らはIH(インターハイ)常連チームの顔になる 藤真に使われることによって奴らはその力を発揮してくる!!」
11巻90話で、牧が言ったセリフ。湘北VS翔陽戦後半、藤真が入ったことで他のスタメンの動きまで良くなり、完全に翔陽はペースを掴みました。ピンチの湘北は、すかさずタイムアウトを取ります。この流れを見て牧は、翔陽の強さを引き出す藤真の実力について、このように語りました。

スポンサーリンク

13位:まだ甘い・・・

まだ甘い

「流川か・・・ まるで去年の仙道を見ているようだ・・・ ふだが・・・ まだ甘い・・・」
9巻77話で、牧が言ったセリフ。仙道と言葉を交わした後、牧は湘北VS三浦台の試合を観に戻ります。そこでは湘北のルーキー・流川が、スーパープレイで得点を連取していました。しかし牧は盛り上がる会場をよそに、流川の姿を見て「去年の仙道のようだ」と評価しつつも、実力を冷静に分析していました。

14位:奴はコートに出たときだけ監督の重責から解放される プレイヤーとしての奴はクールとは程遠いぜ

プレイヤーとしての奴はクールとは程遠いぜ

「選手兼監督である藤真はベンチでは監督だ 自分を抑え冷静でなくてはならない 奴はコートに出たときだけ監督の重責(じゅうせき)から解放される プレイヤーとしての奴はクールとは程遠いぜ」
10巻89話で、牧が言ったセリフ。後半戦、翔陽が湘北に逆転されると、ベンチから指示を出していた藤真がついにコートに入ります。クールな監督の時とは別人のような姿に、湘北のベンチはざわつきました。ライバルとして藤真をよく知る牧は、プレイヤーとしての藤真の姿をこのように語っています。

スポンサーリンク

15位:10年早いわ!!

10年早いわ

「10年早いわ!!」
14巻123話で、牧が桜木に言ったセリフ。桜木はカウンターからそのままダンクを決めようと、高く飛びました。そこにはすでに牧が回り込んでいましたが、桜木は「神奈川NO.1を超えてやる」と意気込み、無謀ながらも勝負を挑みます。ダンクをブロックした牧は、こう叫びながら桜木を跳ね返しました。

16位:やすやすとダンクなどさせると思うか!!

やすやすとダンクなどさせると思うか

「やすやすとダンクなどさせると思うか!!」
17巻145話で、牧が仙道に言ったセリフ。海南VS陵南戦後半、仙道がスティールからの速攻で、そのままダンクを決めようとします。しかし牧はすぐに追いつき、ダンクを阻止してこう言いました。そう言った後、両者は目を合わせてフッと微笑み、この勝負を楽しんでいるかのような様子を見せます。

スポンサーリンク

17位:いいよあいつ・・・!! ますます燃えてきたぜ!!

いいよあいつますます燃えてきたぜ

「いいよあいつ・・・!! ますます燃えてきたぜ!!」
14巻118話で、牧が赤木に言ったセリフ。赤木は捻挫しているにも関わらず、動きが衰えるどころかますますプレイに勢いがついてきました。赤木の姿には安西先生も「精神が肉体を超え始めたか」と呟きながら驚きます。牧は赤木のプレイを見てこう言い、さらに闘志を燃やすのでした。

18位:まずい・・・藤真の支配力が及ばなくなってきている・・・

藤真の支配力が及ばなくなってきている

「まずい・・・藤真の支配力が及ばなくなってきている・・・」
11巻96話で、牧が言ったセリフ。湘北VS翔陽戦の終盤、桜木のリバウンドと流川のシュートにより、湘北が逆転しました。これにより、今まで果敢(かかん)にチームを引っ張ってきた藤真がついに動揺を見せます。その姿を見て、1年生の頃から藤真とライバル関係にあった牧は、こう呟きました。

スポンサーリンク

19位:全国で見てみたかったけどな 仙道を・・・

全国で見てみたかったけどな仙道を

「全国で見てみたかったけどな 仙道(あいつ)を・・・」
21巻185話で、牧が言ったセリフ。決勝リーグ最終戦は湘北が制し、陵南はインターハイ出場を逃しました。表彰式に出るため観客席を後にする海南ですが、牧はふと振り返り、コートにたたずむ仙道を見ます。そして自分と互角の勝負をした仙道を、「全国で見てみたかった」と静かに惜しんでいました。

20位:流川は本物だ

流川は本物だ

「流川は本物だ 同学年にあの男がいるっていうのは・・・ これから ずっとお前についてまわる問題だろうな・・・清田」
19巻164話で、牧が清田に言ったセリフ。試合後半、仙道を相手に得点を奪いまくる流川を見た牧は、清田に向かってこのセリフを言います。普段は多弁な清田ですが、この時ばかりは牧の言葉に「わかりました」とだけ返事し、固唾(かたず)を飲んで勝負に注目していました。

スポンサーリンク

スラムダンクの名言をアニメでチェックしたい人はU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTならスラムダンクのアニメも映画も両方楽しめます。

既に見た人でも、名言を意識しながら見返してみるとまた違った面白さがありますよ!

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐスラムダンクを見る

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!
※本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。