【鬼滅の刃】胡蝶しのぶの名言・名セリフランキング20選!「もしもーし」「この羽織に見覚えはないか」

   

『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶの名言・名セリフを名言集としてランキングにまとめてみました。
アニメ、原作マンガから引用しています。
ネタバレを含むのでご注意ください。

胡蝶しのぶの名言・名セリフランキング20選

1位:この羽織に見覚えはないか

この羽織に見覚えはないか

「つらいも何もあるものか 私の姉を殺したのはお前だな?この羽織に見覚えはないか」
16巻141話で、しのぶが童磨と対峙した時に言ったセリフ。今まで笑顔で鬼と戦ってきたしのぶが、姉の仇である童磨を前に、怒りに顔を歪ませ感情を爆発させます

2位:もしもし大丈夫ですか?

「もしもし大丈夫ですか?」
5巻35話で、毒によって動けなくなった善逸のもとに駆け付けた際に言った一言。しのぶの初登場シーン。善逸の命の危機の中、空からひらりと舞い降り、落ち着いた物腰で話しかけており余裕がうかがえます。アニメでの「もしもーし」の言い方も印象的です。

スポンサーリンク

3位:私の全体重37キロ分 致死量のおよそ700倍です

「今の私を喰った場合にその鬼が喰らう毒の量は 私の全体重37キロ分 致死量のおよそ700倍です」
19巻162話で、しのぶがカナヲに鬼の倒し方について説明する中でのセリフです。しのぶは自分の体に藤の花の毒を行き渡らせて、鬼に食われることで、鬼を倒そうとしていました。

4位:見ますか?・・・金魚

「見ますか?・・・金魚」
22巻196話で、禰豆子の回想シーンで、しのぶが禰豆子に言ったセリフ。自分の部屋に招き金魚を見せる様子が描かれています。禰豆子に話しかけるしのぶの表情は困ったように描かれており、禰豆子への複雑な感情が見て取れます。

スポンサーリンク

5位:姉が好きだと言ってくれた笑顔を絶やすことなく

「哀れな鬼を斬らなくても済む方法があるなら考え続けなければ 姉が好きだと言ってくれた笑顔を絶やすことなく」
6巻50話で、炭次郎に本心を見抜かれ、しのぶが自身の想いを語っている中ででた言葉。姉を殺されて鬼を憎むしのぶですが、姉の想いを引き継ぎ、鬼と戦おうとする強い思いが感じられます。

6位:がんばったね カナヲ

「がんばったね カナヲ」
19巻163話で、童磨を倒したカナヲにしのぶが言ったセリフ。カナヲが「今度はちゃんとできたよね?頑張ったよね?」と呟くと、しのぶと姉のカナエが「がんばったね カナヲ」と頭を撫でます。カナヲは幼い頃、虐待を受け泣くことができませんでしたが、このシーンで大粒の涙を流します。

スポンサーリンク

7位:そんなだからみんなに嫌われるんですよ

「鬼とは仲良くできないって言ってたくせに何なんでしょうか そんなだからみんなに嫌われるんですよ」
5巻43話で、しのぶが義勇に対して言ったセリフ。しのぶが禰豆子に攻撃をしようとして、富岡義勇に防がれた時に、放った毒舌です。これに対して義勇は「そんなことはない」と反論しています。

8位:うっかりです

「ああ失礼しました 死んでるからもう聞こえませんね うっかりです」
5巻41話で、しのぶが鬼に対して、自己紹介や毒について解説した後に鬼の様子を見て言った一言。しのぶの笑顔でいながら、辛辣なセリフを言うキャラクター性を印象付けるセリフ。

スポンサーリンク

9位:月が綺麗ですね

「こんばんは 今日は月が綺麗ですね」
5巻41話で、しのぶが姉蜘蛛に言ったセリフ。那田蜘蛛山で鬼の姉蜘蛛が鬼殺隊の村田を自身の血鬼術で繭状の中に閉じ込めて勝ち誇っていました。そこへしのぶが背後から音もなく現れ、姉蜘蛛に話しかけます。しのぶの軽い身のこなしが感じられます。

10位:蟲の呼吸 蝶ノ舞 戯れ

「無視の呼吸 蝶の舞 “戯れ”」
5巻41話で、那田蜘蛛山で鬼の姉蜘蛛に使った呼吸です。すれ違う一瞬の間に、毒のついた剣を鬼の身体に何度も打ち込んでいく技です。あまりの素早さに、姉蜘蛛は毒を打ち込まれていることに気づかず、しのぶが弱いと勘違いするほどでした。

スポンサーリンク

11位:冨岡さん理由を説明してください

「富岡さん理由を説明してください さすがに言葉が足りませんよ」
15巻129話の柱合会議において、しのぶが義勇にいったセリフ。お館様の妻・あまねが退室し、柱のみで今後のことを話そうとしているシーン。「六人で話しあうといい 俺には関係ない」と話し合いに参加せず部屋をでようとした義勇に、しのぶがかけた言葉です。

12位:ずっとずーっと怒ってますよ

「そう私怒ってるんですよ炭治郎君 ずっとずーっと怒ってますよ」
17巻143話で、童磨戦でのしのぶのモノローグ。6巻50話での炭次郎の「怒ってますか?」という問いに返した言葉です。炭次郎に笑っているのに怒っている匂いがすると本心を見抜かれたところから、しのぶの本心が語られます。

スポンサーリンク

13位:できるできないじゃない やらなきゃならないことがある

「できるできないじゃない やらなきゃならないことがある」
17巻143話で、しのぶは深手を負いながら、鬼の童磨に猛烈な突きの攻撃をします。その際に走馬灯のように過去の決意などを思い出す中で登場する言葉です。身体が小さく、力が弱くても鬼と戦う決意やカナエとの約束の固さが表れています。

14位:あの人は・・・すごい方です 尊敬します

「あの人は・・・すごい方です 尊敬します」
23巻202話で、鬼の珠代と共同開発した無惨を倒す薬をカナヲに託す際にしのぶからでた言葉です。鬼を憎むしのぶですが、珠代を“あの人”と言っており、珠代のことを薬を作ったことへの尊敬と、人として認めていることがわかります。

スポンサーリンク

15位:私は柱の中で唯一鬼の頸が斬れない剣士ですが

「私は柱の中で唯一鬼の頸が斬れない剣士ですが 鬼を殺せる毒を作ったちょっと凄い人なんですよ」
5巻41話で、鬼の姉蜘蛛に倒した際に、しのぶが言ったセリフです。この後に
8位の「ああ、失礼しました。死んでるからもう聞こえませんね。うっかりです♪」と続きます。

16位:坊やが庇っているのは鬼ですよ

「坊やが庇っているのは鬼ですよ」
6巻44話で、しのぶが鬼である禰豆子を庇う炭次郎に注意するセリフです。炭次郎は、禰豆子は自分の妹であることを説明すると、かわいそうにと同情し「苦しまないように優しい毒で殺してあげましょうね」と炭次郎にかまわず殺そうとしました。

スポンサーリンク

17位:とっととくたばれ糞野郎

「とっととくたばれ糞野郎」
19巻163話で、童磨は倒され死後の世界でしのぶと会います。しのぶが毒について語り、残りの鬼も仲間が殺してくれると話すと、童磨は突然色めき、「俺と一緒に地獄へ行かない?」と告白しました。その返事としてとびきりの笑顔とともにこのセリフを吐き捨てます。

18位:人を殺した分だけ私がお嬢さんを拷問します

「人を殺した分だけ私がお嬢さんを拷問します 目玉をほじくり出したりお腹を切って内臓を引き摺り出したり その痛み苦しみを耐え抜いた時あなたの罪は許される
一緒に頑張りましょう」
5巻41話で、しのぶが鬼の姉蜘蛛と対峙した際に言ったセリフです。優しいように見えて鬼への憎しみが感じられます。

スポンサーリンク

19位:必ず私が鬼を弱らせるから

「必ず私が鬼を弱らせるから カナヲが頸を斬ってとどめを刺してね」
19巻162話で、しのぶがカナヲに鬼への倒し方を説明した際のセリフです。鬼を殺すには自分が食べられなくてはならないことを打ち明け、その毒が効き始め最後のとどめをカナヲに託しています。

20位:感情の制御ができないのは未熟者

「感情の制御ができないのは未熟者 未熟者です」
15巻131話で、しのぶがカナエの仏壇の前で怒りを落ち着かせようとしている際の言葉です。無惨を倒すため、鬼の珠代と薬の共同開発を提案されますが、鬼と協力することにしのぶは抵抗があり、葛藤する様子がみられます。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の名言を漫画・アニメでチェックしたい人はU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTなら鬼滅の刃の漫画もアニメも両方楽しめます。

既に見た人でも、名言を意識しながら見返してみるとまた違った面白さがありますよ!

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ鬼滅の刃を見る

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!
※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。