【スラムダンク】仙道彰の名言・名セリフランキング20選!「オレを倒すつもりなら死ぬほど練習してこい」

   

『スラムダンク』の仙道彰の名言・名セリフを名言集としてランキングにまとめてみました。
アニメ、原作マンガから引用しています。
ネタバレを含むのでご注意ください。

目次

仙道彰の名言・名セリフランキング20選

1位:オレを倒すつもりなら・・・ 死ぬほど練習してこい!!

オレを倒すつもりなら死ぬほど練習してこい

「桜木 オレを倒すつもりなら・・・ 死ぬほど練習してこい!!」
6巻48話で仙道が桜木に言ったセリフ。桜木は陵南のエースである仙道を「オレが倒す」と、試合前からずっと息巻いていました。一方の仙道は、桜木には秘めた才能があると感じ、一目置きます。練習試合の後、仙道は桜木の可能性に期待を込めるかのように、こう言って握手を求めました。

2位:さあいこーか

さあいこーか

「さあいこーか」
4巻28話で、仙道が言ったセリフ。湘北のパスを軽々とカットした仙道は、こう言って速攻に入ります。流川は仙道を追いかけ、シュートを止めようとしました。しかし仙道は、流川のブロックをかわして越野にパスをし、そのまま越野がシュートを決めます。この華麗なプレイに、会場は湧き上がりました。

スポンサーリンク

3位:まだあわてるような時間じゃない

まだあわてるような時間じゃない

「1本だ 落ちついて1本いこう まだあわてるような時間じゃない」
19巻169話で、仙道が陵南のメンバーに言ったセリフ。桜木のファインプレイにより、キャプテン・魚住は4つ目のファウルを取られベンチに下がります。湘北がいいリズムにのり、陵南が圧倒的不利という状況の中で仙道はこう声をかけました。仙道のこの一言で、陵南のメンバーは冷静さを取り戻します。

4位:わりィ すいません先生 寝坊です

わりィすいません先生寝坊です

「わりィ すいません先生 寝坊です」
3巻26話で、仙道が監督の田岡に言ったセリフ。湘北との練習試合当日、陵南のエースである仙道は遅れて体育館にやってきました。堂々と遅刻してきた仙道に田岡は激怒しますが、仙道は笑みを浮かべながらこう答えます。あまりのマイペースさに、田岡は「怒る気がなくなる」と言って脱力していました。

スポンサーリンク

5位:お前はその才能を生かしきれてねえ

お前はその才能を生かしきれてねえ

「お前は試合の時も1対1の時もプレイが同じだな・・・・・・ 1対1のトーナメントでもあれば お前に勝てる奴はそういないだろう でも実際の試合でも お前を止められないかと言ったら・・・・・・ そうでもない お前は その才能を生かしきれてねえ」
29巻258話で、仙道が流川に言ったセリフ。安西監督に「まだ仙道に及ばない」と言われ、アメリカ行きを反対された流川は、仙道に1ON1を挑みます。日が暮れるまで勝負を続けているうちに、流川のプレイを見てふと仙道はこう言いました。流川はのちの山王戦で、この言葉の意味に気づきます。

6位:やっぱりこいつとの1ON1はおもしれー 負けん気の強さと・・・タフな精神力と・・・ 県内随一の得点力をもっている そして・・・最後にオレが勝つからだ 勝つから楽しーんだ

最後にオレが勝つからだ

「やっぱりこいつとの1ON1はおもしれー 負けん気の強さと・・・タフな精神力と・・・ 県内随一の得点力をもっている そして・・・最後にオレが勝つからだ 勝つから楽しーんだ」
20巻178話で、仙道が言ったセリフ。流川は仙道に勝つために、試合前半で体力を温存し、後半に全てをぶつける作戦に出ました。本領を発揮してきた流川とのマッチアップで、仙道はこう思います。それまでアシストに徹してきた仙道は点を取りにいき、本来のスコアラーとしての実力を見せました。

スポンサーリンク

7位:1対1もオフェンスの選択肢の一つにすぎねえ それがわからねえうちは おめーには負ける気がしねえ

1対1もオフェンスの選択肢の一つにすぎねえ

「1対1もオフェンスの選択肢の一つにすぎねえ それがわからねえうちは おめーには負ける気がしねえ」
29巻258話で、仙道が流川に言ったセリフ。流川との1ON1の際に言ったアドバイスの続きです。この言葉の意味に気づいた流川は、沢北とのマッチアップ中にパスを出します。オフェンスの鬼である流川がパスを出したことに周囲は驚きますが、これがきっかけで流川は沢北を抜くことに成功しました。

8位:一人だけいますよ まだ元気な奴が・・・・・・

1人だけいますよまだ元気な奴が

「イヤ・・・ 一人だけいますよ まだ元気な奴が・・・・・・」
14巻120話で、仙道が言ったセリフ。王者海南との試合で追い詰められた湘北は、タイムアウトをとりました。試合を観ていた陵南の田岡が「湘北にはもう体力が残っていない」と指摘する一方、仙道は桜木を見てこう言います。この仙道の発言通り、桜木は湘北の次なる作戦のキーマンとなるのでした。

スポンサーリンク

9位:オレが牧さんの立場でもああしたかも あいつはなんか勝負したくなる気をおこさせるんですよ・・・

あいつはなんか勝負したくなる気をおこさせるんですよ

「イヤ・・・ オレが牧さんの立場でもああしたかも あいつは なんか勝負したくなる気をおこさせるんですよ・・・」
15巻130話で、仙道が言ったセリフ。桜木のダンクを止めようとした牧は、ファウルを取られてしまいました。海南が4点リードしており、無理をして止めにいく状況ではなかったため「冷静な牧がなぜ」と周囲は驚きます。しかし仙道は、牧が桜木に闘志を掻き立てられたことに共感を覚えたようです。

10位:お前と同じくらい成長が早く・・・ お前と同じくらいガムシャラなんだ

お前と同じくらい成長が早くお前と同じくらいガムシャラなんだ

「どうだ桜木 ウチの福田はすごいだろ お前と同じくらい成長が早く・・・ お前と同じくらいガムシャラなんだ」
18巻161話で、仙道が桜木に言ったセリフ。仙道のパスから福田のアリウープが決まり、福田を止められなかった桜木は転倒し流血してしまいました。福田に「オレの勝ちだ」と言われた桜木は、悔しさをを噛み締めながらベンチに下がっていきます。そんな桜木を見つめながら、仙道はこう思うのでした。

スポンサーリンク

11位:さすがに・・・すんなり勝たせてはくれないか・・・ そうこなくちゃよ・・・!!

さすがにすんなり勝たせてはくれないかそうこなくちゃよ

「さすがに・・・すんなり勝たせてはくれないか・・・ そうこなくちゃよ・・・!!」
16巻143話で、仙道が言ったセリフ。海南戦後半、ピンチから脱しようとしていた陵南ですが、海南・神のスリーポイントが決まり更に追い込まれました。10点以上あったリードが5点差まで追いつかれ、仙道は一瞬目を伏せます。しかし次の瞬間こう言って笑い、この状況ですらも楽しむ余裕を見せました。

12位:フッあいつめ・・・ 死ぬほどやってきたってわけか

死ぬほどやってきたってわけか

「フッあいつめ・・・ 死ぬほどやってきたってわけか」
17巻152話で、仙道が言ったセリフ。決勝リーグ陵南戦にて、桜木はゴール下のシュートを決めます。少し前までレイアップとダンクしかできなかった桜木のこのプレイに、会場はざわつきました。以前、桜木に「死ぬほど練習してこい」と言った仙道は、驚くべき成長を遂げた桜木を見てこう思います。

スポンサーリンク

13位:やめさせるわけねーさ・・・

やめさせるわけねーさ

「やめさせるわけねーさ・・・」
4巻32話で、仙道が言ったセリフ。試合に出られずヤキモキしていた桜木は、陵南に対して因縁をつけます。陵南は桜木の失礼な態度に対し怒りをあらわにしますが、仙道だけは笑って見ていました。田岡は桜木について「やめさせた方が部のためだ」と言いますが、それを聞いていた仙道はこうつぶやきます。

14位:オレが これからはもうぜったい抜かせない 足をつかんでもな

オレがこれからはもうぜったい抜かせない足をつかんでもな

「おちついていこう! 海南の攻撃は8割方 牧さんを起点に始まる 牧さんにさえ好き勝手させなければなんとかなる オレが これからはもうぜったい抜かせない 足をつかんでもな ゴール下は魚住さんがいるからウチが支配できる」
16巻143話で、仙道が陵南のメンバーに言ったセリフ。海南戦後半、リードしていた陵南は徐々に点差を詰められます。見かねた監督の田岡がタイムアウトをとろうとした時、仙道はこう声をかけてチームを立て直しました。これを見て田岡は、これ以上言うことはないと悟りタイムアウトを取り消します。

スポンサーリンク

15位:全国への道はなかなかに厳しい・・・

全国への道はなかなかに厳しい

「 全国への道はなかなかに厳しい・・・」
17巻144話で、仙道が言ったセリフ。試合残り7分で1点差まで追いつかれた陵南は、センター魚住が5ファウルで退場になり、絶体絶命に追い込まれます。しかし陵南は「仙道ならきっと何とかしてくれる」と闘志を失いません。仙道はこうつぶやいた後、牧と激しい点の取り合いを繰り広げます。

16位:やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん

やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん

「やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん」
19巻164話で、仙道が流川に言ったセリフ。前半戦、流川が1対1の場面で勝負を挑んでこないことを、仙道は疑問に思います。しかし、それは後半に全てを賭けるためだと気づきました。後半開始直後、流川は得点を連取します。その姿を見た仙道は闘志に火がつき、こう言って生き生きした表情を見せました。

スポンサーリンク

17位:2人抜きだな

2人抜きだな

「2人抜きだな」
20巻176話で、仙道が桜木と流川に言ったセリフ。湘北の10点リードかつ残り時間5分という状況で、仙道は流川からボールを奪います。そして、止めにきた桜木をドリブルでかわしシュートを決め、2人に向かってこう言いました。これをきっかけに会場の雰囲気が一変し、陵南の追い上げムードになります。

18位:おもしれぇ・・・!!

おもしれぇ

「おもしれぇ・・・!!」
20巻177話で、仙道が言ったセリフ。試合後半、両チームのエースである仙道と流川は得点を奪い合います。流川のシュートを仙道はブロックしますが、そのこぼれ球を拾った流川はダンクを決めました。リードを広げた流川は「開いたぜ」と仙道を挑発し、それを受けた仙道は笑いながらこう言います。

スポンサーリンク

19位:さあ来い一年坊

さあ来い一年坊

「さあ来い1年坊」
5巻44話で、仙道が桜木と流川に言ったセリフ。試合時間残りわずかになった時、桜木と流川は2人で仙道のマークにつきます。これは仙道を封じるための作戦ですが、仙道はこの状況に目を輝かせ、こう言って2人を挑発しました。田岡監督は嬉しそうな仙道の表情に「はじめて見た」と声をもらし驚きます。

20位:行け

行け

「行け」
14巻122話で、仙道が桜木に言ったセリフ。湘北VS海南の試合終盤、桜木はダンクを決めようとしますが、そこにはすでに牧が回り込んでいました。誰もが桜木のダンクを無茶だと思い「待て」「止まれ」と言って焦りを見せます。しかし、仙道は落ち着きを失わず、桜木の可能性に賭けて「行け」と言いました。

スポンサーリンク

スラムダンクの名言をアニメでチェックしたい人はU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTならスラムダンクのアニメも映画も両方楽しめます。

既に見た人でも、名言を意識しながら見返してみるとまた違った面白さがありますよ!

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐスラムダンクを見る

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!
※本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。